四年近くも、戦争してたの?

私は、戦後生まれで、戦争を知らない世代です。

終戦記念日の今日、新たに太平洋戦争が、四年近くも続けたことに驚いた。


家の母は、戦争中が娘時代だったから、楽しいことがなかったし、東京にすむ予定で、結婚したのに、長男が、戦死したので、家を継ぐことになって、田舎で暮らすことになったのを、

ずっと 文句をいっていた。


そうした、母の愚痴は、戦争で物資がなくて、我慢して暮らした 事などが、娘の私の時代とは、違ったから、私を恨むように、八つ当たりとなっていった。


戦争の前に嫁入りした姉さんたちの、豪華な嫁入り道具に比べて、自分の時代は、なんにもなかった。


全て、作り直した 洋服だった。

父は、将校だったから、苦労は、二等兵よりは、よかったらしい。

戦友とは、その後 ずっと交流していた。


飲むと、軍歌を歌ったものだ。

私の子供のころは、ブーツが下駄箱にまだ、入っていた。
戦争が終わって間もなくだったから、米軍払い下げの服を、作り代えて、私たちの服にしていた。


あの頃は、みんな痩せていた。


最近では、メタボで痩せなくてはまずい人ばかりになってきたが、時代は変わった。



物資のない時代から、高度成長時代を経て、オイルショック 、バブル 、バブルがはじけて、低成長 リーマンズショック、大地震、不景気。


そうした時代の変遷を、見てきた。


戦後生まれで、ある意味 幸せだ。


平和のありがたさを、改めて感じる。


失って初めて気がつくものなのだ。


a0372743_22221685.jpg

[PR]
by salon_de_lys | 2017-08-15 21:50